活動報告会のご案内

子どもたちへ<あしたの本>プロジェクトを支えてくださった皆様へ

今年3月に、活動を終了し、繋げてくださる人たち、続けていく人たちに、ようやくバトンを手渡すことができました。ありがとうございます。

この5年間の活動を、皆様にご報告したく下記のとおり報告会を開催いたします。

 

1.日 時 : 2016年7月2日(土)

◇報告会/14:00~16:10

◇懇親会/16:15~17:00

2.会 場 : 日本出版クラブ会館 3階「鳳凰」 (東京都新宿区袋町6)

3.参加費

◇報告会/無料

◇懇親会/500円(お茶とお菓子・当日申し受けます)

4.プログラム

①活動報告

②プロジェクトに参加した方々の声

コーディネーター/さくまゆみこさん

③「震災から5年、本を届け続けて」

コーディネーター/野上暁さん

☆陸前高田市子ども図書館「にじのライブラリー」  荒木奏子さん

☆福島県南相馬地方への図書寄贈「野馬追文庫」 撹上久子さん

☆気仙沼・石巻での図書館バス定期巡回 齋藤紀子さん

5.お申し込み 2016年6月22日(水)までに、下記をご連絡ください。

①お名前・TEL・ご所属

②報告会・懇親会 両方またはいずれか ご出席の有無

◆申込先(JBBY内)

メール/ info@jbby.org

FAX/ 03-5228-0053

◆お問い合わせ

JPIC 03-5211-7282(中泉)

JBBY 03-5228-0051

 

一緒に活動を支えてくださった皆様に、ぜひご出席いただきたくご案内申し上げます。

 

あしたの本プロジェクト報告会のご案内2016年6月6日

子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト 運営委員会一同

<あしたの本>のサポータのみなさんが、グループ展を開催します。

                

            

YELLOW!

期間: 2013年12月17日(木)~22日(日)

場所: DAZZLE  東京都港区北青山2-12-20 #101 ☎ 03-3746-4670

参加アーチスト: 飯簪 薫、伊藤了子、佐藤エミリー、suzuki、たかいひろこ、張 連秀、はる みるく、Philip Giordano、Macro、マツモトクミコ、麻宮よしえ、Maya Miyama、Yoshie、rimo、わたなべひろみ

※ 2011年に板橋区立美術館が行った「夏のアトリエ」に参加し、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞の受賞者でもあるベルギーの絵本作家キティ・クローザー氏のクラスを受けた皆さんです。 Kitty組 http://kittyitabashi.jimdo.com

     

会期中の売り上げの一部をご寄付くださるとのこと、ありがとうございます!!

 

おはなしでてこい トントントン♪

トントントン!と たいこのおとがしたら、よみきかせと かみしばいがはじまるよ!

★絵本の読み聞かせと紙芝居を行います。
 お子さんと一緒においで下さい。おみやげもあるよ!

 

日時  7月3日(日)13:00~、14:00~、15:00~、16:00~
会場  ゲートシティホール(ゲートシティ大崎B1F)
     東京都品川区大崎1-11-1 JR大崎駅新東口からすぐ
入場料: 無料
● 申込は不要です。
● 会場では、チャリティ展覧会を開催中。 国内外の130名の子どもの本の
作り手から250点もの応援メッセージや直筆画が寄せられました。

オークションで販売し、売り上げを本を通した復興活動に充当します。

主催: 子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト
協力: ゲートシティ大崎

チャリティ講演会「作家が語る被災地と<あしたの本>」

日時  7月2日(土)14:00~16:00
会場  ゲートシティホール(ゲートシティ大崎B1F)
     東京都品川区大崎1-11-1 JR大崎駅新東口からすぐ
出演者
 ・アーマット・リザ・アーマット・カルーディン(IBBY会長)
         子どもたちのためにできること
 ・角野栄子(作家) 大震災後に作家として考えたこと
 ・柏葉幸子(作家) 被災地盛岡から童話作家としての提言
 ・斎藤 純(作家) 被災者支援の現地NPO活動から
 ・里中満智子(マンガ家) 「マンガジャパン」の支援活動など
 ・中村敦夫(作家・俳優) 新刊『簡素なる国』から震災後への提言
 ・森 絵都(作家) 被災地ボランティアで感じたこと
司会: 野上 暁(日本ペンクラブ理事・「子どもの本」委員長)
対象: 中学生以上
募集人数: 200名 ☆事前申し込み制(往復はがきかEメールで下記へ)
入場料: 500円以上いくらでも
         入場料収入は全額被災地支援活動に充当させていただきます
● 申込方法
① 往復はがき(返信はがきにご住所を記入の上、希望参加人数をお書き添えください)
  ⇒ 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町20-3
         日本ペンクラブ「あしたの本講演会」係行
② Eメールの場合(件名に「あしたの本講演会」参加希望、とお書きください)
  ⇒ secretariat03@japanpen.or.jp
● 当日は、被災地をめぐる図書館車もお披露目します。
● 会場では、チャリティ展覧会を開催中。 国内外の130名の子どもの本の
作り手から250点もの応援メッセージや直筆画が寄せられました。
オークションで販売し、売り上げを本を通した復興活動充当します。
● 翌7月3日は、紙芝居やおはなしをお楽しみください! (申込不要)
主催: 子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト
協力: ゲートシティ大崎

記者会見のお知らせ

子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト
記者会見
被災地の子どもたちを、「本」を通して支えるべく、
子どもの本に関わる4団体が共同で
「子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト」を発足させました。
これに際し、下記要領で記者会見を行います。
万障お繰り合わせのうえ、ご取材下さいますようお願い申し上げます。
● 日時  2011年6月17日(金)午後2時~3時
● 場所  日本出版クラブ「鳳凰の間」
【出席者】
日本ペンクラブ会長 浅田次郎
日本国際児童図書評議会会長 村山隆雄
日本出版クラブ会館理事長代理
出版文化産業振興財団理事長代理

プロジェクト発足のごあいさつ

子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト

被災されたみなさまに心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復興をお祈りしております。

今回の東日本大震災・大津波ならびに福島の原発事故以来、私たちは本をとおして被災地の子どもたちを支えたいと考えてきました。

幸い、震災直後から多くの団体が被災地の子どもたちに生活必需品ばかりでなく本を送る活動も展開してくださったおかげで、「何はともあれ必要なものを届ける」という初期支援の目的はかなり達成されてきているように思います。

あれから2か月が経とうとしている今、そしてボランティアの数がしだいに減ってきている今、私たちは被災地の子どもたちを支えるための中・長期的なプロジェクトを立ち上げることにしました。

このプロジェクトは、被災地で不安を抱えている子どもたちに安らぎや楽しみを提供し、子どもたちの心をうるおすために、本と、本にかかわるいろいろな活動を行っていきます。具体的には、現地の方たちと協力しつつ、

・ 図書館バスで被災地を訪問し、子どもたちに本を貸したり贈ったりする。

・ 紙芝居、ストーリー・テリング、読み聞かせ、人形芝居などを行う。

・ 子どもの本の作家・画家が子どもたちに話をしたり、一緒に絵を描いたりする時間をつくる。

・ 被災地以外でも、原画展や講演会を行って寄付金を集める。

などの企画を立て、一部はすでに実施を始めています。

ご賛同いただける方、ご協力いただける方は、どうぞ手をお挙げください。アイデアをお寄せください。力をお貸しください。ご一緒に、できることをやっていきましょう。

こうした活動が、私たちの「今」を見直し、子どもたちの「あした」と、子どもの本の「あした」につながっていくことを願っています。

平成23年5月

● 「子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト」 呼びかけ団体

社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)

社団法人日本ペンクラブ(P.E.N.)子どもの本委員会

財団法人日本出版クラブ(JPC)

財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)

●活動支援金 募金窓口

三菱東京UFJ銀行 神楽坂支店
(普通)0059827
口座名義: <あしたの本>プロジェクト
※お預かりした募金は、本を買う、本箱を買う、運搬車両にかかる経費など、
  子どもと本をつなぐ活動に特化して使わせていただきます。