移動図書館車の定期運行を終了いたします

図書館バス最後ポスター

 

2011年より4年間活動してきました「あしたの本」の図書館バスは

本年12月28日をもって巡回を終了することになりました。

4年前、大勢のボランティアさんと一緒に、3000冊の本にカバーをかけ

ペンキの匂いのする車両に積み込んだ日が思い起こされます。

2011年11月から、山道が凍結する1月から3月を除く毎月第2・第4の週末に、

気仙沼と石巻を巡回してきました。

訪問回数は90回、総走行距離は6万キロ、貸し出した本は9,000冊に上ります。

図書館バス運行にあたり、企業・個人、多くの方々のご協力をいただきました。

ありがとうございました。

 

最終巡回では、12/26(土)に、気仙沼公園仮設住宅集会所にて、

だるまさんのおきあがりこぼしを作るワークショップを開催します。

しずくちゃんも遊びにきます!

 

 

だるまさん1226

 

 

 

 

9月(土)図書館バスワークショップのお知らせ

9月は鈴木のりたけさんと児島なおみさんと一緒に、読み聞かせやワークショップを開催します。

場所:気仙沼公園仮設住宅(両日とも)

参加費:無料  対象:子どもたち 20人くらいまで

申込:JBBY事務局内、子どもたちへ〈あしたの本〉プロジェクトまで。

tel:03-5228-0051

協力:7&i ホールディングス

◇9月12日(土) 13:00~15:00

講師鈴木のりたけ(絵本作家)

※Eテレで放映された「しごとば」シリーズや、『たべもんどう』など。

◇9月26日(土) 13:00~15:00

講師:児島なおみさん

※『うたうしじみ』や『アルファベット絵本』など。

 

ちらしフォーマット土2

 

 

図書館バス 定期巡回再開します!(4月12日~)

(2013年10月、石巻市にて)

冬の間お休みしていた図書館バスが走りはじめます!

2週間に1度の巡回です。皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

                       

【巡回日程】

・第2・4土曜日(初回は4月12日)気仙沼市

  午後1時~3時 セブンイレブン気仙沼公園仮設店舗店

・第2・4日曜日(初回は4月13日)石巻市

  午前10時~12時 ヨークベニマル湊鹿妻店

  午後1時~2時30分 ヨークベニマル大街道店

  午後3時~午後5時 イトーヨーカドー石巻あけぼの店

            

【本の貸し出し】

無料です。どなたでも借りられます。返す時は店舗のカウンターに返せます。

※お手伝いくださるボランティアの方も募集しています。

「子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト」事務局にご連絡ください。

図書館バスだより

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

昨年最後の報告です。

図書館バスは12月21日(土)22日(日)を最終として2013年の巡回を終了しました。

気仙沼では、がんこちゃんの来訪を子ども達と楽しみました。

最終日とあって、来てくれたおなじみさんたちと、しばしのお別れを惜しみました。

帰り、志津川の「さんさん商店街」に立ち寄り、あるお店の方から、こんな話を伺いました。

86歳のおかあさん、83歳のおばさまそしてご自分たち夫婦は

海抜10m以上のおばさまの家に逃げ込み(店はあの防災庁舎のすぐ近くだったそうです)

2階で、首まで水につかりながら梁に掴まって助かったそうです。

そして、こうおっしゃいました「水って静かなのよ、ゴォーとかザァーって音がしなかったの。

そこにいた(こう表現しました)と思ったらもうファーという感じであっという間に2階まで来たのよ」と。

石巻・湊鹿妻は、雪はほとんどありませんでしたが、風が冷たく寒い日でした。

少し離れたところにお住まいというご家族が4人で来ました。パパがアメリカの方とのこと。

今までバスのことは知らなかったと、とても残念そうでした。公共図書館が遠いのだそうです。

お子さん3人分で沢山借りて行きました。

大街道は駐車場に雪の山。かなり降ったのでしょう。

バスの駐車するところは片方屋根があるものの、もう片側を雪かきする始末でした。

最後イトーヨーカドー・あけぼの店も一面銀世界、ここは店側で雪かきをしておいてくださったのですが、

バスの両翼を開ける事を考えますと、さらに周辺の雪をよけなくてはならず、

ここでも又、雪かきです。何年ぶりでしょう。

準備を終えるころ、いつもの顔ぶれがやって来ました。3月までお休みを告げますと

残念がって下さり、お子さんたちは「いっぱい借りていいの?」と。

「いっぱい借りていいよ(´▽`)」というと嬉しそうにパパを引っ張るように入って行きました。
お陰さまで無事故で巡回を終えることが出来ました。

4月から12月までの貸出数は2174でした。
今年はまた4月から巡回を始める予定です。

皆さま楽しみにしていて下さい。

 

にじのライブラリー訪問&図書館バスの貸出巡回に同行しました

  

● 10月26日(土)

 JBBYの板東悠美子会長と、「にじのライブラリー」を訪問しました。あいにくの雨模様でしたが、夕刻から素晴らしい夕焼けで、来館された朝日新聞社盛岡総局の記者、田渕紫織さんが素敵な写真を撮ってくださいました。左から、ライブラリーを一手に引き受けてくださっている荒木奏子さん、義妹さんとお母様、板東会長とおまけ。

  

 にじのライブラリーの日々は、Facebookからご覧いただけます! (Facebookに登録していなくてもご覧になれます) https://www.facebook.com/rikuzentakata.niji

● 10月27日(日)

 図書館バスの巡回に同行しました。<あしたの本>の図書館バスは、毎月第2、第4の土日に、宮城県気仙沼市と石巻市を定期巡回しています。

 土曜日: 午後「セブンイレブン気仙沼公園仮設店舗」 

 日曜日: 午前中「ヨークベニマル湊鹿妻店」、午後「ヨークベニマル大街道店」「イトーヨーカドー石巻あけぼの店」

  

  

 今日もたくさんの本が借りられていきました。 9月10月の総貸出数は、516冊です。

 

 お父さんがお探しのエラリー・クイーンは、残念ながらありませんでした。ごめんなさい・・・・・・

図書館バスのご報告

● 7月13日(土)晴れ 気仙沼仮設住宅 

 移動中、水田に白鷺を発見。三陸道の拡幅工事も随分と進捗しているようです。

 40代のご婦人の話、糖尿病の合併症で眼病が進んでいたお母さんが、あの震災の混乱で、手当を充分に受けられず、まもなく失明したそうです。

 このお母さんが本好きで、子どものころから本を読んでくれたのだそうです。それで、本を読むことの楽しさを知ったとのこと。そのお母さんが今、全く本を読めなくなって、そのご婦人が、「図書館バスに行って来るね」と声をかけると、「私も読めれば行くのにね」とおっしゃるのだそうです。震災はこういう悲しみも残したのですね。

 「テープを利用すれば、母に物語の楽しみを少しは味わわせることができるかしら……」

 本当ですね。ご協力したいと思います。

● 7月14日(日)晴れ ヨークベニマル大街道店

 4歳くらいの男の子。バスに描かれた動物の数を、「いち、に、さん……」と、かわいい声で数えていましたが、そのうち、「1、5、20、25、40……」となっていきました。

 私が、ばばのぼるさんの絵を指して、「これね。11ぴきのねこっていうの。ちゃんといるかな」と言いますと、元気に数えました。10匹しかいません。車内に誘い絵本を広げました。ページ毎にねこの数を数え、「いるいる」とご満足。でも、表紙を見ると、やっぱり10匹しかいないのです。すかさず、私が裏表紙を見せると、「いたあ~」と大喜び。外で待っていたお父さんもニコニコとうれしそうでした。絵本っていろいろな楽しみ方があるのですね。

 今週末の貸出数: 118冊

 

● 7月27日(土)くもり 気仙沼仮設住宅 

 自動車専用道路の両側に野生の山百合がたくさん咲いていました。

 しばらく姿を見せず、気にかかっていたAちゃん姉妹が、揃って来てくれました。4人姉妹です。ちびちゃん(3歳)にしばらく絵本を広げ、子守りをし、お姉ちゃんたちが本を選べる時間を作ります。

● 7月28日(日) イトーヨーカドーあけぼの店 

 利用者が多く、6時まで、ひっきりなしに寄ってくれました。

 もう少しで閉めようかという頃、駐車場にサイレンが鳴り響き、「前の車止まりなさい」と言いながら、パトカーが追いかけて来ました。交通違反でもして、追いかけられているような車が見えました。いろんなことがあります。

今週末の貸出数: 169冊

 

● 810日(土)晴れ  気仙沼仮説住宅 

 この日は、現職の司書教諭の方が同行してくれて、子どもたちに絵本を読んだり、貸出手続きを手伝ったりと助かりました。はじめて見る夏草の生い茂る被災地に言葉を失ったようでした。私は、毎回のことですが、何事もなかったような、穏やかな海を眺めると、自分がなぜここを図書館バスに乗って走っているのだろうと、想うことがあります。傾いたコンクリートの建物、失われた線路を目にし、たちまち現実に引き戻されるのですが。

 「暑い暑い」と日本中がぐったりしている中、足の不自由なご主人のためにと、かなりのご年配の夫人がいらっしゃいます。一緒に本を選びながら、お二人の暮らしぶりを問わず語りに語って下さいます。家が流されたそうですが、よくぞ足の不自由なご主人を支えて、無事に避難されたものと、私までが安堵する思いでした。

● 8月11日(日)  ヨークベニマル湊鹿妻店 

 お盆の準備で、店は朝早くから繁盛していたようですが、バスに立ち寄る人は少なめ。しかしここには、大人の常連がいます。公立図書館が遠くなったとのことです。

● 8月11日(日) イトーヨーカドーあけぼの店 

 こちらも、ご先祖様をお迎えするための準備に忙しい大人たちがたくさん。買い物も一段落、待っていたお子さんとバスにやってきて、あれこれ探していました。

今週末の貸出数: 130冊

 

 

● 824日(土) 気仙沼仮説住宅

 よく来てくれる一人のおばあちゃん、「今年は特別暑いねえ」と、赤い顔でそれでも笑顔で話します。うちわを使いながら、子どもたちが来るまで、おしゃべりをしました。

 一回も欠かさず来てくれていたS君が、とうとう来ませんでした。気になります。

● 8月25日(日) イトーヨーカドーあけぼの店

 ママと本を選んだH君。いざ、手続きをする段になって、ママもH君も、『ぐりとぐら』を持っていることに気が付きました。ママが、息子が持っていた『ぐりとぐら』を戻そうとすると、それが気に入らなかったのでしょう。「こっちを借りるのお」と、泣かんばかり。子どもにとって「同じ本」ではないのですね、自分が選んだのですから。「こっちを借りようねえ」と渡すと、嬉しそうに抱きしめて帰りました。

 「11ぴきのねこ」を楽しんだ子どもや、自分が選んだ本にこだわる幼児たちとの出会いがあるたびに、本は本当に子どもたちに幸せを運んでくれるのだと、単純に喜んでいるのです。疲れもフッ飛びます。

今週末の貸出数: 96冊

移動図書館バス巡回だより(2013年5月)

《齋藤紀子さんの報告から》

図書館バス巡回5月のご報告を致します。 

貸出数 109冊

5月11日(土)

仙台南部道路、仙台東部道路そして三陸自動車道を走ります。
左右に田畑が続きます。田起しがすみ水の張られた田、すでに田植えの済んだ田も。
農家の娘として育ち、農作業で季節を感じてきた私は延々と続く田んぼの景色が
懐かしく、遠く働く人影を追っています。

南三陸町志津川は海水を被った杉山が巡回のたびに切り倒されているのが見て
とれます。
気仙沼に近づくと海に近い所には、今だ小型の船が何艘も山積みになった有様が
無残です。

気仙沼仮設住宅   (13時~15時)

定刻に到着し、準備し子どもたちを待つ。静かな住宅群ではあります。
1時間も過ぎたころ、40代と思える女性が立ち寄られました。
気仙沼市立の小学校の先生でした。「図書館はいかがでしたか」と伺いますと、
津波は校舎の1階天井まできたそうですが、図書室は2階にあって、難を逃れたとのことでした。

それから、ご自分の体験をお話しになりました。
     あの日、すべての日程を終え、子ども達を送り、校門を出るのを確認し
     仕事に戻ろうと体の向きを変えた時「グラッ」ときたそうです。
     「子どもたちは?」と思えど立ち上がることも出来ない。長い揺れが収まり
     校庭に走り子ども達を探すと全員近くの川の土手に頭を抱えてうずくまって
     いた。ほっと胸をなでおろし、しばらく様子をみたあと、「気をつけて帰るのよ」
     と言いかけたとき「待てよ」と思い直し「ともかくもう一度学校へ戻ろう」と
     全員校舎に連れ戻したのだそうです。その後あの大津波です。
     「もし、あの時帰していたら子ども達を失っていた。そうなっていたら私は生き
     てなかった。自殺していた」声を震わせました。2年生のご担当でした。
     この小学校では、早退した男児が一人犠牲になったとのことでした。
     また、先生ご自身のお宅はあの気仙沼港の大火ですべてを失ったとのことでした。

5月12日(日)
ヨークベニマル湊鹿妻店(10時~12時)

早々やってきた親子連れは、お子さんの3歳の誕生日とのことでした。
プレゼントは何もないので、一緒に本を読みました。

その後8ヵ月の赤ちゃんを抱いた若いママに「赤ちゃん絵本もありますよ」と声をかけて、三浦
太郎さんの「くっついた」・「ならんだ」等を目のまえで広げ読んでやりますと、じっとみつめ
私と本を交互にみて、にこにこです。
ママはまだわからないからと言っていたのですが、
わが子の様子に喜び、。「パパに読んでもらいます」と5冊借りていきました。

ヨークベニマル大街道店(13時~14時30分)
小さい子どもが砂場でたくさん遊んでいます。
サービスカウンターの係のかたが、お客様から預かった返却本を抱えてバスまで持ってきて下さいました。

イトーヨーカドーあけぼの店(15時~17時)

4月からの時間変更がよかったと思われます。
ご相談も多く、途切れなく来てくださる利用者から、とてもにぎやかでした。
保育士や幼稚園教諭を目指しているのでしょうか、
高校生が「絵本がいっぱいあってうれしい」とお母さんとそれぞれ目いっぱい借りて行きました。
市立図書館にお勤めだったという年配の男性が「移動図書館は大変なのですよ」と
声をかけて下さいました。

 
                                     

移動図書館バス巡回だより

 

《齋藤 紀子さんの報告から》

冬休みを頂いておりました、図書館バスは今年も元気に巡回を始めました。

4月13日(土)、14日(日)

貸出冊数  71

バスは夜中2時には東京都新宿区の出版クラブを出発し、一路気仙沼仮設住宅を目指しました。

気仙沼

風が強い日で、少しでも風の来ない受付場所を探すのに苦労しました。

久しぶりの巡回なので、「忘れられちゃったかなあ」と心配していたら、毎回必ず来てくれていた、Sちゃんとママが遠くの方から手をふりながらやってきました。それをきっかけに、あちこちからかわいい顔が出て来て、バスの中は満員、周りは子どもの声で満ちあふれました。

たった3ヶ月の間に背丈がぐんと伸びた6年生、妹が生まれたと喜ぶお兄ちゃん、両親の離婚により姓が変わったことに戸惑っている子ども、時は止まってないのですね。

石巻(ヨークベニマル・湊鹿妻、大街道・イトーヨーカドーあけぼの店)

昨日に続き朝から大変な風です。

湊鹿妻では、子どもの手をひきながら、書架を見ているお母さんたちは楽しそうでした。

あけぼの店は、時間帯が変わりましたが、買いもの帰りのお客さんたちが次つぎ入ってきてくれました。店長さんがたくさん写真を撮っていました

4月27日(土)、28日(日)

貸出冊数  92冊

晴れ、風は強く寒い日でした。

今回は、<あしたの本>プロジェクトメンバーのTさんとSさんがずっとバスと行動を共にして下さり本当に助かりました。子どもたちの相手、チラシ配りまで熱心にして頂きました。

気仙沼では大阪岸和田から「だんじり」が一台来ており、鉦や太鼓のお囃子がにぎやかに聞こえていました。やはり、音楽は住宅の人たちを元気づけると思いました。

老いも若きも一緒になり、楽しそうに声を上げて綱を引いていました。

  

 

図書館バス 定期巡回再開です!

冬の間お休みしていた図書館バスが、4月から定期巡回を再開しました。

車載図書は、すべて新品に一新され、本格貸出がスタートしました。「子ども一人3冊×子ども人数分」を目いっぱい抱えて借りていく親子が何組もみられました。

● 図書館バスは、第2・第4土曜、日曜日に、運行します。

土曜日 

  午後1時~3時   セブンイレブン気仙沼公園仮設店 (気仙沼市笹ケ陣103)

日曜日

  午前10時~12時 イトーヨーカドー石巻あけぼの店 (石巻市あけぼの1-2-1)

  午後1時~3時   ヨークベニマル大街道店 (石巻市大街道1-3-21)

 

図書館バス

● 次回巡回

12月17日(土)

  午前10時~12時 >>> 気仙沼公園仮設住宅内

  午後1時半~3時半 >>> セブンイセブン志津川仮設店舗駐車場

12月18日(日)

  午前10時~12時 >>> イトーヨーカドー石巻あけぼの店

  午後1時半から3時半 >>> ヨークベニマル大街道店

※ 図書館バスは、1月から3月の定期運行をお休みします。4月から再開します。